YTS NEWS

News

冬型の気圧配置 庄内で暴風・高波に注意

 県内は冬型の気圧配置となっていて、庄内では暴風や高波に注意が必要です。
 山形地方気象台によりますと、東北地方の上空5500m付近には氷点下30度以下の寒気が流れ込んでいて、県内は大気の状態が非常に不安定となっています。気象台は、庄内地方で暴風や高波に注意するよう呼び掛けています。
 23日から24日午前5時までの最大瞬間風速は、酒田市飛島で32.2m、鶴岡市鼠ヶ関で24.5mなどとなっています。また 県内は冬型の気圧配置が続き、全般に雨や曇りで、山沿いでは雪の混じる所がある見込みです。気象台は、竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨、ひょうによる農作物などへの被害に注意するよう呼び掛けています。