YTS NEWS

News

逮捕の米沢市議「買収はしていない」

 10月に行われた衆議院選挙で、選挙運動をする見返りに報酬を渡す約束などをしたとして逮捕された米沢市議が、逮捕前「買収はしていない」と関係者に話していたことが分かりました。
 米沢市議の遠藤正人 容疑者(58)は、衆議院選挙が公示される前の10月14日ごろ、知人の運動員1人に対し、山形2区で4回目の当選を果たした鈴木憲和 議員の選挙運動を行う報酬として、1時間あたり1000円を支払う約束をした疑いが持たれています。警察では容疑を認めているかについては明らかにしていません。
 一方 遠藤容疑者は、逮捕前 警察から事情聴取を受けていて、陣営の関係者に対し「買収はしていない」と話していたということです。
 また 遠藤容疑者は、運動員と共謀して公示後の10月21日ごろから30日ごろまでの間に、公職選挙法で認められていない方法で選挙運動の文書を配った疑いも持たれています。関係者などによりますと、遠藤容疑者と運動員は、選挙運動用のチラシを米沢市内の家に直接配っていて、選挙後に警察から「文書頒布」の警告を受けていました。警察では、運動員についても任意で捜査していて、書類送検する方針です。