YTS NEWS

News

若手職人がものづくり技能を競い合う

 板金や大工など若者のものづくりの技術を競う大会が河北町で行われました。この大会はものづくりに携わる若者がスキルを競い合い、技術の向上を図ってもらおうと毎年開かれています。大会では大工や板金、左官、塗装の4つの種目が行われ、それらの職種で働く人や技能習得を目指す学生や生徒が参加しました。参加した高校生から40代までの28人は与えられた共通の課題を限られた時間と材料の中で、いかに美しく仕上げるかを競い合っていました。