YTS NEWS

News

コロナ対策など約210億円を追加 補正予算案

 9月17日に県議会9月定例会が始まるのを前に、吉村美栄子 知事は、新型コロナ対策の費用など210億円余りを追加する補正予算案を発表しました。

【吉村美栄子 知事】
「今回の補正予算は、県民の皆様から寄せられたお声を踏まえ、感染拡大防止と地域経済の回復再生の取り組みを さらに強化しますと共に、春先に発生した凍霜害・ひょう害そのほか、様々な県政課題に対応するために編成したものであります」

 新型コロナ対策などのため210億800万円を追加する9月補正予算案には、県内の飲食店や運転代行業者の家賃などの支援金として、法人40万円、個人事業主20万円を給付する事業に7億2400万円。
 また、中小企業や小規模事業者がポストコロナを見据えたオンライン機器の導入など、デジタル化対応の支援に約3億900万円が盛り込まれました。
 さらに、第6波に備えて、病床がひっ迫した場合、入院前の患者に酸素を投与する「酸素ステーション」を設置する事業に5億8900万円が計上されています。県は内陸と庄内地方の2カ所に15床ずつ設置する方針です。霜被害などへの対応では、被害を受けた生産者に肥料や農薬の購入費用など計3億5400万円が計上されました。