YTS NEWS

News

1億2千万円の脱税容疑 建設業の男性 告発される

 建築業などを営む米沢市の70歳男性が、1億2000万円以上を脱税した所得税法違反の疑いで告発されました。
 仙台国税局によりますと、告発されたのは建築業や不動産業を営む米沢市の70歳男性です。長井市で住宅などを販売する事業を営んでいますが、2015年分から3年間、確定申告の際に売り上げ金額と売り上げ原価の一部を本来より少なく申告。3年間で約2億8100万円の所得を隠し、約1億2200万円を脱税した所得税法違反の疑いが持たれています。仙台国税局は、今年3月5日付けで男性を山形地検に告発しました。