YTS NEWS

News

新規感染25人も先週比で減少 入院患者1人死亡

 新型コロナウイルスについて、県は新たに25人の感染と1人の死亡を発表しました。
 感染が分かったのは、山形市と天童市が各6人、東根市が3人など計25人で、累計は3362人となりました。9日の新規感染者数は、先週の木曜日(2日)と比べて14人少なくなっています。また、今週の他の曜日の感染者も、先週の同じ曜日と比べて、減少しています。
 9日の感染者のうち、新庄市の50代男性と60代男性は、クラスターが発生している新庄市の民間病院「PFC HOSPITAL」の入院患者で、感染者は37人となりました。
 山形市の40代女性は、市立病院済生館に勤務する職員です。4日に感染が判明した市内に住む30代男性の知人ですが、その日から仕事を休んでいて、院内に濃厚接触者はいないということです。
 また 入院患者1人が8日に死亡しました。県によりますと、第5波での死者数は4人目となり、第1波からの死者の累計は51人となりました。
 現在、重症者5人を含む91人が入院中、自宅療養が69人、宿泊療養が34人、調整中が23人となっています。病床使用率は全体で27.8%と3割を切ったほか、多いところでも県立新庄病院が44.4%、県立中央病院が38.3%と、いずれも5割を切っています。