YTS NEWS

News

「熱中症」搬送相次ぐ

猛烈な暑さとなった県内では、熱中症の疑いによる搬送が相次ぎました。

県内に今年3回目の「熱中症警戒アラート」が発表された20日、熱中症の疑いで病院へ搬送された人は午後4時現在10人に上りました。(消防などへの聞き取り山形テレビまとめ)このうち山形市と新庄市の80代男性、鶴岡市の80代女性の3人は重症だということです。また、中等症が2人、軽症は5人となっています。警察や消防によりますと19日、河北町溝延の畑で心肺停止の状態で見つかった84歳の男性はその後、死亡が確認されました。熱中症の疑いがあるということです。