YTS NEWS

News

2年ぶり サクランボの空輸はじまる

 2年ぶりの運航です。山形空港では、「サクランボ」の航空貨物の取り扱いが始まりました。

【吉見真叶(まかな)アナウンサー】 
「いま サクランボが飛行機に積み込まれ、山形から全国へ届けられます」

 サクランボの航空貨物は、2020年 新型コロナの影響で減便となり見送られたため、今年は2年ぶりの取り扱いです。運航は羽田便と伊丹便 1日2便ずつで、出荷第一便の羽田便には、9日に東根市で収穫された「佐藤錦」など、計 約300キロのサクランボが積み込まれました。このサクランボは、羽田空港から さらに全国へ運ばれ、早いところでは、11日にも店頭に並ぶということです。

【県 みらい企画創造部 総合交通政策課 伊藤淳一 課長】
「ぜひ全国の皆さまに、航空輸送でスピーディーに運ばれた新鮮なおいしいサクランボを召し上がっていただければと思う」

 サクランボの航空貨物の受付は、6月30日まで行われます。