YTS NEWS

News

サクランボ収穫本格化前 農作業安全キャンペーン

 高い所からの転落など農作業中の事故に注意です。サクランボの収穫が本格化するのを前に、農作業の安全を呼びかけるキャンペーンが始まりました。
 寒河江市では、キャンペーンの出発式が行われ、農作業中の事故防止を呼び掛ける広報車が、市内の園地を巡回しました。県内では今シーズン サクランボの作業に絡む事故が、すでに4件発生しています。雨よけシートを張っている時に脚立から落ちるなど、いずれも転落事故だということです。

「よろしくおねがいします。安全でお願いします」「どうも」

 9日は、JAの職員などがチラシを配り、高所での作業は複数の人で行い、足場をしっかり固めることなどを呼びかけました。

【三泉さくらんぼ組合 渡辺敏幸 センター長】
「(Q.ひやっとした場面)あるある、何回も落ちたときもある。結構危ない。(実が)なっていないと気をもむ。気温もあるし、出荷しなければいけないし。あんまり焦らないで、ゆっくりやれってことだな」

 また これから暑くなるため、こまめに水分や塩分を補給し、熱中症対策も行うよう呼びかけています。