YTS NEWS

News

11日夜遅くまで土砂災害に注意が必要

県内では前線の影響による大雨のピークは過ぎ、警報級の大雨のおそれはなくなりましたが、7月11日夜遅くまで土砂災害に注意が必要です。

県のまとめによりますと、降り始めた6日午後4時から11日午後3時までの雨の量は、最上町向町で318.5ミリ、最上町瀬見で296ミリ、真室川町差首鍋で289ミリ、西川町大井沢で250ミリとなっています。

真室川町の西郡地区では、9日の雨で林道が崩落する被害が確認され、現在も通行止めが続いています。

県によりますと、7市町村の道路でのり面の土砂崩れや倒木などによる被害があったということです。

県内はこれまでの雨で地盤が緩んでいるところがあり、11日夜遅くまで土砂災害に注意が必要です。

JRでは線路わきの土砂が流出し、復旧作業のため一部区間で運転を見合わせていた陸羽東線が午後4時すぎから運転を再開しています。