YTS NEWS

News

名作の模型を作って建築について学ぶ特別授業

名作の模型を作って建築について学ぶ特別授業が米沢市の高校で行われました。

真剣な表情で生徒たちが作っているのは、名作建築「光の教会」の模型です。

建築家の安藤忠雄さんが設計した世界に知られる作品で、十字架をスリットから差し込む光を使って表現しています。

特別授業は東京にある専門学校、「中央工学校」が、建築への関心を高めてもらおうと毎年、県内の高校で行っていて、きょうは米沢工業高校の2年生23人が参加しました。

生徒たちはカッターを使ってスリットなどを丁寧に切り取り、作品作りを追体験してました。

【インタビュー】「周りの環境を取り入れながら設計しているのかなと思った。自由設計とか建築の授業に生かしたい」「新しい技術を学んで勉強になった作ってみて光の教会の中身を知ったのでよかった」