YTS NEWS

News

山形ビエンナーレ、蔵王温泉で開催 9月1日から

東北芸術工科大学が主催する芸術祭「山形ビエンナーレ」が、今回初めて蔵王温泉で開催されることになりました。

【東北芸術工科大学 中山ダイスケ学長】「日本で一番小さな芸術祭ですが一番濃くて人の心に温かみを与えてくれる芸術祭になってくれれば」

東北芸術工科大学が2年に1度主催する芸術祭「山形ビエンナーレ」。

2014年から始まり、これまでは山形市七日町など市街地で町の一部をアートやデザインで彩ってきましたが、今年は「いのちをうたう」をテーマに初めて蔵王温泉で開催します。

上山市出身の歌人・斎藤茂吉に焦点を当てたプロジェクトでは、蔵王温泉に建つ茂吉が「蔵王」についてうたった歌碑をめぐりながら、現役の歌人やシンガーソングライターが手掛ける「蔵王」にちなんだ詩や歌などに触れることができます。

【山形ビエンナーレ2024芸術監督 稲葉俊郎さん】「インターネットなどが普及した時代でなんでもバーチャルリアリティで体験できることも増えてくると思うがだからこそ現地に行く意義がすごい大事になってくる。実際に足を運んで土地にある力を感じて欲しいし芸術を触媒としてそれを感じられれば」

山形ビエンナーレは9月1日から蔵王温泉と東北芸術工科大学で行われます。