YTS NEWS

News

自民党県連大会「信頼回復が最大の課題」

自民党の県連大会が開かれ、政治の信頼回復に向けて取り組んでいく方針などを決定しました。
大会で遠藤利明会長は、派閥の裏金問題について「信頼回復が最大の課題」としたうえで、「政治の安定のため衆院選、参院選の勝利に向け取り組んでいく」と挨拶。参院選の公認候補として党に申請している元県議の大内理加さんが紹介されました。
一方、きょうの大会ではいまだ候補を擁立できていない知事選挙について、参加者から進捗を問う声があがりました。遠藤会長は「擁立作業を進めてきたが、現時点では候補を見つけられていない。引き続き作業を進めていきたい」と答えました