YTS NEWS

News

ベニバナが見頃 気温が高く例年より早く開花

 山形市の高瀬地区では色鮮やかなベニバナが見頃を迎え、訪れる人たちを楽しませています。

「今、満開を迎えている、こちらの紅花。鮮やかな黄色から少し咲き進んだオレンジ色まで色の移り変わりが楽しめます。」

 県の花で、染料としても親しまれているベニバナ。紅花の里として知られるここ山形市の高瀬地区では、200アールの畑に色鮮やかなベニバナが咲き誇っています。

 種をまいた4月から日中、夜間ともに気温が高い日が続いたため生育が早く、例年に比べ1週間から10日早く開花したということです。

【神奈川県から】
「この黄色が撮りたくてやってきた。不思議な黄色ですよね。なかなか作れないですよね、この色はきっと。(Q見られてよかった?)よかったです。本当に。これで満足しました。」

【高瀬紅花生産組合 滝口孝一組合長】
「紅花が咲くこの高瀬の里山風景は訪れる皆さんにひとときの癒しと空間を(提供)できると思いますので、皆さん来てください。」

 紅花の見頃は来週いっぱいで、13日と14日には恒例の「山形紅花まつり」が予定されています。