YTS NEWS

News

3億6200万円の補正予算案を可決 山形県議会

 山形県議会6月定例会は災害やクマなどへの対策を盛り込んだ補正予算案を可決し、閉会しました。

 可決されたのは「3億6200万円」の一般会計補正予算案など23議案です。

 主な事業では能登半島地震を踏まえた防災・減災対策に、およそ6700万円を計上。
 また、クマの目撃件数が増加していることを受け市町村が行うクマの移動ルートの草刈りや出没を想定した訓練などへの支援におよそ1300万円が盛り込まれました。
 今回の補正を加えた県の累計予算額は「6501億4545万円」となります。

 また「県笑いで健康づくり推進条例」が可決されました。

 毎月8日を「県民笑いで健康づくり推進の日」と定めるほか、一日1回笑うことで健康増進に努めるよう県民に求めるということです。