YTS NEWS

News

学生163人にサイバーパトローラー委嘱 山形県警

 インターネット上の犯罪防止に向け、山形県警は県内の学生らにサイバーパトローラーを委嘱しました。

 委嘱されたのは、県内の大学や専門学校などに通う学生、合わせて163人です。
 このうち152人の学生が参加する山形市の専門学校大原学園山形校では、代表者5人に委嘱状が手渡されました。

 学生たちは、犯罪につながりそうなネット上の情報を通報します。

【大原学園山形校公務員コース1年 伊藤心暖さん】
「ひとりでも多くの人を守るため、自分から行動して進んでいきたい。」

【大原学園山形校公務員コース2年 矢口聖也さん】
「私も警察官を目指しているので、今のうちに地元に貢献できることを誇りに思う。日本の秩序のために何かできないかと考えている。」

【県警本部サイバー犯罪対策課 小野秀崇課長補佐】
「若い世代の方々の感性に基づいてサイバーパトロールをしていただくことで環境改善につながる(と思う)。非常に頼もしく感じている。」