YTS NEWS

News

米沢の夏の味覚「梵天丸茄子」の豊作を祈る神事

米沢の夏の味覚「梵天丸茄子」の豊作を祈る神事が行われました。

「梵天丸茄子」は、色の鮮やかさが特徴の米沢市特産の茄子です。

発色がいい「仙台長なす」と小型で歯触りのいい米沢の伝統野菜「窪田なす」を交配した品種で、浅漬けなどが夏の味覚として親しまれています。

市内で漬物の加工などを行う内藤醸造では、7月4日が語呂合わせで「ナス」と読めることにちなんで、毎年、この日に供養祭を行っていて、神事ではとれたてのナスを漬け込み、今年の豊作を祈願しました。

【インタビュー】「パリッと歯ごたえのある窪田地区の食文化。ぜひ皆さんにも夏の風物詩として楽しんでもらいたい」

出荷は7月4日から始まり、市内の道の駅や土産物店などで販売されます。