YTS NEWS

News

新しい紙幣の発行が、きょうからスタート

新しい紙幣の発行が、きょう(7月3日)からスタート。

山形市の金融機関には新紙幣をいち早く手に入れようと多くの人が訪れました。

【斉藤アナウンサー】「まもなく午前10時。新紙幣の取扱いが始まる時間になります。銀行の中には多くの人が訪れています。そして、20年ぶりの新紙幣発行。行員の方も少しそわそわしています。」

山形市の山形銀行・本店営業部には、両替に訪れる人の姿が多く見られました。

【インタビュー】「新券の1万円、5000円、1000円札をせっかくなので(両替しにきた)(やっぱり初日に?)子どもが古いお札などを集めているので」「普段はキャッシュレス派だが現金で記念に残しておきたくて。」

20年ぶりとなる新紙幣の発行。

描かれる偉人の肖像が一新されただけではありません。

偽造防止のための肖像の「すかし」に「ひし形の模様」が新たに施されているほか、肖像が動いて見える3Dホログラムが採用されています。

また、国籍や、年齢、障がいの有無などに関わらず使いやすくする「ユニバーサルデザイン」を目指し、表記される数字のサイズが大きくなるなどしています。

日本銀行山形事務所によりますと、きょう、山形、宮城、岩手の3県であわせておよそ790億円の新札が払い出されました。

【インタビュー】「やっぱり違いますね。きれいですね。(Q.お子さんのどんな顔をイメージしてる?)目を輝かせてこれかー!と喜んでくれるのでは。」「新しい人との出会いみたいな感じでワクワクする。ホログラムが角度によって向きが変わるのがすごい。日本の技術ってやっぱり素晴らしい。」

そしてこちらが新しい紙幣です。

先ほどVTRの中でもお伝えした「ユニバーサルデザイン」。

新紙幣で変わったのは、数字の大きさだけではない。

斜線が11本入っているが触るとざらざらしている。

この線の位置が5000円札、1000円札とで違うため触るだけでも認識できる。

県内の銀行ではあす以降の取り扱いについて山形銀行と荘内銀行は各店舗で午前9時ごろから、きらやか銀行は準備が整い次第対応するということです。