YTS NEWS

News

庄内、最上を中心に土砂災害や河川の増水に注意必要

県内では、低気圧の影響などによる大雨のピークは過ぎたものの、庄内、最上を中心に土砂災害や河川の増水に注意が必要となっています。

県内は、梅雨前線や低気圧の影響で、各地で雨となり、降り始めのきのう(6月30日)午後1時からきょう(7月1日)午前5時までに降った雨の量は、真室川町差首鍋で100ミリ、酒田大沢、金山で60ミリなどとなっています。

きょう午前6時からあす朝までに予想される24時間降水量はいずれも多い所で庄内、最上で40ミリ、村山、置賜で30ミリです。

警報級の大雨のおそれはなくなったものの、これまでの雨で地盤が緩んでいる所があり、庄内、最上を中心に昼前にかけて土砂災害や河川の増水に注意が必要です。

また、庄内で予想される最大瞬間風速は海上・陸上ともに30メートル、波の高さは5メートルです。

庄内では昼前にかけて強風に。

夕方にかけて高波に注意が呼び掛けられています。