YTS NEWS

News

山形県内の景気判断は3カ月連続で据え置き

県内の最新の金融経済概況が発表され、景気判断は3カ月連続で据え置きとなりました。

日本銀行山形事務所は、県内の景気判断を「一部に弱さがみられるものの、基調としては緩やかに持ち直している」とし、3カ月連続で据え置きとなりました。

物価高を受けた節約志向などの弱さは見られるものの、飲食・宿泊を中心に個人消費が堅調に推移するなど緩やかな持ち直しの基調が続いているとしています。

川村憲章所長は先行きについて、「一部自動車メーカーの認証不正問題が県内の生産や販売をどの程度、下押しするか」、また、「賃上げが広がり、消費を下支えするか」を注視したいとしました。