YTS NEWS

News

救急隊と医療機関の情報共有効率化システム導入

傷病者の医療機関への受け入れをスムーズにしようと、山形市は、救急隊と医療機関の情報共有を効率化するシステムを導入すると発表しました。

【山形市・佐藤市長】「山形市では、東北では初となる「救急医療情報共有システム」の運用を、令和6年7月12日より開始いたします。」

「救急医療情報共有システム」は、インターネット接続されているタブレット端末を使用し運転免許証やお薬手帳など傷病者の情報を救急現場と病院で共有できます。

搬送、受け入れに関するコミュニケーションがより円滑になり傷病者に適した医療機関への早期収容そして治療開始につながることが期待されています。

山形市消防本部では、7月12日からこのシステムの運用を開始します。