YTS NEWS

News

「増収」を見込む企業が過去10年で最高水準

県内企業への業績見通しに関する意識調査で、県内では「増収」を見込む企業が過去10年で最高水準となったことが分かりました。

この調査は「帝国データバンク山形支店」が行い、県内企業133社から回答を得ました。

その結果によりますと、今年度「増収」を見込む企業の割合は、「減収」より、12.1ポイント高くなりました。

業績見通しを上振れさせる要因として、「個人消費の回復」などが挙げられます。

一方で「増益」を見込む企業と「減益」を見込む企業はいずれも3割台で拮抗していて、利益面では二極化がみられます。

この調査は「帝国データバンク山形支店」が行い、県内企業133社から回答を得ました。

その結果によりますと、今年度「増収」を見込む企業の割合は、「減収」より、12.1ポイント高くなりました。

業績見通しを上振れさせる要因として、「個人消費の回復」などが挙げられます。

一方で「増益」を見込む企業と「減益」を見込む企業はいずれも3割台で拮抗していて、利益面では二極化がみられます。