YTS NEWS

News

県内 梅雨入り 平年より11日遅く

仙台管区気象台は23日、県内を含む東北南部が梅雨入りしたとみられると発表しました。

仙台管区気象台によると、東北南部では平年より11日、去年より14日遅い梅雨入りとなります。

県内は低気圧などの影響で各地で雨となっていて、23日の夜遅くにかけて大雨となるところがある見込みです。

24日の午後6時までの24時間に予想される雨の量は、
いずれも多いところで置賜80ミリ、庄内60ミリなどとなっています。

気象台によると、特に置賜では夜遅くにかけて土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒が必要です。