YTS NEWS

News

山形新幹線「米沢トンネル」知事が協議を進める意向

 山形新幹線の安定的な運行と高速化を目指す「米沢トンネル」の整備について、吉村知事は地質調査が終わり次第、事業計画の協議に入りたい考えを示しました。

 山形新幹線の「福島-米沢間」は、山岳区間を走るため豪雨や大雪のほか動物との衝突などによる運休や遅れが課題となっています。

 6月21日の県議会代表質問で、柴田正人議員がこうした課題の解決に向け整備が検討されている「米沢トンネル」について質問しました。

 吉村知事は、現在行っている地質調査が終わり想定ルートを設定できれば、事業化に必要な調査は終了すると答えました。
 そして、一日も早い実現に向け、国やJRと事業計画の協議を進める考えを示しました。
 
【吉村知事】
「米沢トンネルは、本県と首都圏の心理的距離を縮め、ビジネスや観光の往来を活発化することで本県の発展に直結する、山形県の未来を開く希望のトンネルであります。」

 このトンネルが整備されることで山形新幹線の安定的な運行とおよそ10分の時間短縮が期待されます。