YTS NEWS

News

地元で収穫された佐藤錦。サクランボ給食

学校給食に甘い初夏の味覚が登場です。

山形市の小学生が地元で収穫されたサクランボを味わいました。

給食に彩を加えるのは、けさ収穫された佐藤錦。

山形市立南山形小学校では、子どもたちに地元の食材に親しんでもらおうと10年以上前から毎年「サクランボ給食」を実施しています。

【森山萌花リポート】きょうは一年の中でも特別な日、サクランボ給食です。みんな楽しみかなー!いえーい!!

ことし初めてのサクランボの登場ということもあり、児童たちはおかずを食べきる前に特別なデザートを口に運んでいきます。

【インタビュー】「何で先にサクランボを食べたの?」「美味しそうだから。」「我慢出来なかった?」「うん。」

【インタビュー】「5粒食べました。」「5粒で足りた?」「もっと食べたかった。」「(給食にサクランボがあるのは)すごく特別感が出ている。」

5年生にもなるとサクランボのリポートもお手の物です。

【インタビュー】「すごく甘くてトロトロで美味しい。すごくかーんじゅく(完熟)してる。うーんまい!」

こちらの学校では11キロのサクランボが提供されました。