YTS NEWS

News

バスガイドの女性がバスと電柱の間に挟まれ死亡

けさ上山市で観光バスを誘導中のバスガイドの女性がバスと電柱の間に挟まれ死亡しました。
警察は運転手を過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。

けさ7時45分頃、上山市新湯の市道で観光バスを誘導していた宮城県涌谷町の会社員、佐々木仁美さん39歳がバックしてきたバスと電柱の間に挟まりました。

この事故で佐々木さんは頭などを強く打ってその場で死亡が確認されました。

【旅館の従業員】(救急車を呼んだ後)外に出てみたらお客様(バスガイド)が倒れていた。大きな声や大きな衝撃音も聞こえた。

上山警察署は観光バスを運転していた宮城県登米市の会社員阿部憲悦容疑者69歳を過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。

旅館関係者によりますと、観光バスは宮城県の旅行会社のバスで当時は旅館の宿泊客を乗せて次の目的地へ向かう前で、乗客はいませんでした。