YTS NEWS

News

サクランボを学ぼう!山形市の児童が果樹園を見学

収穫のピークを迎えているサクランボについて学ぼうと、山形市の児童が果樹園を見学しました。

山形市黒沢の喜三郎さくらんぼ狩園へ見学に訪れたのは、南山形小学校の三年生63人です。

この取り組みは、学校が社会科の学習の一環で10年ほど前から毎年行っています。

児童たちは農家へ積極的にインタビュー。

【現場でのやりとり】「仕事で一番大変なことは何ですか?」「はい。仕事で一番大変なのは収穫の時期の収穫作業ですかね」

一生懸命メモをとる子どもたち。

サクランボについて詳しく勉強したあとは、いよいよ佐藤錦などの収穫体験。


【インタビュー】「きょう見学に来てどうでしたか?」「ずっと楽しみにしていたので嬉しかった。サクランボのお話も深く聞けたので良かった。」「農家さんのお話し聞いてみてどうでしたか?」「詳しく知ってるからすごいなって思った。」

【喜三郎さくらんぼ刈園 小笠原穂積さん】「私も南山形小学校の卒業生でして、私の子どもたちも卒業している。母校の子どもたちに南山形のサクランボを知っていただく良い機会になったなと喜んでいる。」