YTS NEWS

News

紅こうじ相談窓口に健康被害の疑いが7件

小林製薬の紅こうじサプリについて健康被害が疑われる相談が山形県の相談窓口に7件寄せられていることが明らかになりました。

県と山形市は4月1日、小林製薬の紅こうじサプリに関する相談窓口を県内5つの保健所に設置しました。
 4月4日の定例会見で吉村知事は、相談窓口には3日時点で、健康被害の疑われる相談が7件あったと述べました。
 また、健康被害以外では58件の相談が寄せられているということです。

【吉村知事】
「相談の多くは『今のところ特に症状はないが心配だ』『紅麹以外の麹製品は問題なく食べられるのか』『購入した食品に紅麹色素が使用されているが食べても大丈夫か』といった内容でございます。」

県ではこれまで複数のドラッグストアから紅こうじサプリ商品の撤去を確認していて各保健所で販売状況などを引き続き確認しています。