YTS NEWS

News

山形新幹線が全線で運転再開 3600人の足に影響

4月1日朝JR福島駅で工事車両が故障した影響で、山形新幹線は「東京-福島間」で一時運転を見合わせました。
昼過ぎに全線で運転は再開したものの、新年度早々のダイヤの乱れは多くの人に影響しました。午前5時ごろJR福島駅の線路上で工事車両が故障した影響で、東北新幹線は「東京-仙台間」で運転を見合わせ。

これに伴い山形新幹線も「東京-福島間」で一時運転を見合わせました。
「朝ニュースで知ってどうしようとなって。行きたかったよね」
「とりあえずチケットだけ払い戻して家に帰ってズームなどオンラインで入社式に参加する」

その後午後0時半に全線で運転が再開しましたが、山形新幹線は「東京-福島間」を中心に上下線合わせて12本が運休。およそ3600人の足に影響が出ました。
運転は再開したものの、山形新幹線は現在も一部の列車に遅れが出ています。

運転再開後、山形新幹線では一部の列車に遅れが出ていましたが、現在は平常運転に戻っています。