YTS NEWS

News

JR米坂線、鉄道としての復旧の必要性改めて強調

 2022年8月の豪雨で被害を受け、一部区間で運休が続くJR米坂線の復旧に向けた検討会議が開かれ、自治体側は鉄道としての復旧の必要性を改めて強調しました。

 JR米坂線は、2022年8月の豪雨により長井市の今泉駅から新潟県の坂町駅の間で運休となっていて、バスによる代行運転が続いています。
 2023年9月には初めてJRと沿線の自治体関係者による検討会議が開かれ、費用負担のあり方や復旧後の利用者数など、復旧に向けた課題について協議。

 この時にはJRの担当者が「鉄道としての復旧に向けて検討していく」としていました。
 一方、その後白山弘子支社長は課題についての議論が必要だとして「現時点では復旧も廃線も決めていない」としました。

 そしてきょう、新潟の関川村で2回目となる復旧検討会議が開かれ、自治体側は米坂線の重要性と復旧の必要性を強調。
 移動手段だけでなく観光資源など地域活性化の観点でも役割が大きいと説明しました。

【県みらい企画創造部 岡本泰輔部長】
「沿線の自治体の総意ということであってJR東日本においてもこうした考えをしっかり受け止めていただいて一日も早い復旧に取り組んでいただきたい」

 一方、JR側は今月から代行バスのダイヤを改正したことにより所要時間が短縮したほか、他の鉄道との乗り換えがしやすくなったことなどを説明。
 復旧か廃線かという方向性については言及しませんでした。

【JR東日本新潟支社企画総務部 三島大輔部長】
「鉄道の持続可能性という観点でどう知恵を絞るかといった点ではまた一緒に検討していきましょうといった点も意見が一致したと認識している」

 次回の検討会議についてJRでは出来るだけ早く開催したいとしています。