YTS NEWS

News

山形市が東北芸工大生の絵画を20万円で購入

 山形市は、今年も東北芸術工科大学の学生が制作した絵画を購入し、学生たちが市長のもとに作品を届けました。

訪れたのは、絵画制作者である大学院生、安藤沙彩香さんと船越友理奈さんです。
 山形市は、若手作家の育成とともに市民にも芸術に親しんでもらおうと、東北芸術工科大学の「卒業/修了制作展」の中から優れた作品を毎年買い上げています。

 今回、山形市は日本画と油絵の2つの作品を購入。購入金額は例年通り、それぞれ20万円でした。
 船越さんは、実家で飼っている猫を描きました。

【船越さん】
「飼い主とペットの関係性から生まれる表情表現ということで、冷蔵庫を開ける音ですぐに駆け寄っていつもこういう表情をするので、描写してみました。」

 一方、こちらは、安藤さんが制作した作品。自然をテーマにした抽象画です。
【安藤さん】
「色に自分の嬉しさとか幸福感とかを込めている。この質感とか色味に注目して見ていただきたい。」
 
 2つの作品は、市役所2階の南側廊下に展示されます。