YTS NEWS

News

加茂水族館のアシカ 千葉の水族館へ引っ越し

 山形県鶴岡市の加茂水族館で飼育されてきたメスのアシカ1頭が千葉県の水族館に引っ越しました。

 カリフォルニアアシカの引っ越しは、国内の水族館同士で繁殖計画のもと動物を貸し借りする取り組みの一環で行われています。
 3月12日午後、メスの「なでしこ」15歳が職員に見送られながら引っ越し用のケージに入りました。

【加茂水族館飼育課 香焼慶子主任】
「なでしこジャパンのサムライのベストを着てショーをしていた姿とか。積極性があったアシカなので色々教えてもらうことが多かった。さみしくもあり新天地でも頑張ってほしい期待がある」

 引っ越し先は千葉県にある水族館鴨川シーワールド。到着は13日未明の予定です。

【鴨川シーワールド海獣展示三課 加納幸司課長】
「なるべく落ち着かせてあまり刺激しないように鴨川まで運びたい。鴨川シーワールドで繁殖を目指し、しっかり大切に育てたい」

 鴨川シーワールドにはオスのアシカがいて「なでしこ」の二世誕生が期待されます。