YTS NEWS

News

高額ギター購入で行政処分の学校法人に再び行政指導

 運営費から必要のない高額なギターなどを購入し行政処分を受けた学校法人に対し、山形県は再度、3月11日付けで行政指導を行いました。

 山形市と天童市で認可保育園などを運営する学校法人清風学園の元副理事長が、国や県、市からの給付金を含む運営費から必要のない高額なギターを購入するなどし、2022年12月に行政処分を受けました。
 その後、法人体制が刷新され、2023年4月には、不適切な支出と認められたおよそ9700万円が元副理事長側から法人に対し返還されています。
 そして法人からは職員の処遇改善手当や施設の整備費などに使用していたとの協議書が県に提出され、県では、適正な運営に必要な経費と判断。
 きょうまでに会計を分けて管理することなどを条件に計画を承認しました。県や山形市などは、継続して法人の運営状況を確認するということです。