YTS NEWS

News

県産フルーツの情報発信拠点 山形県議会で集中審議

 山形県議会で県産フルーツの情報発信拠点について集中審議が行われました。

 県では、寒河江市の最上川ふるさと総合公園に整備を予定している「フルーツ・ステーション」をモデル施設として、県内各地に同様の施設整備を進め観光ネットワークの形成を目指しています。
 3月11日の県議会農林水産常任委員会の集中審議で、県は施設の予定地を決めた経緯について、新たに用地取得に費用がかからないことやアクセス性を考慮したと説明。

 また、県では新年度中に整備の基本計画を策定するとしていますが、委員からは場所の選定などもっと時間をかけて進めるべきとの意見が出されました。
 これに対し県は…

【県農林水産部 地主徹部長】
「産地の現状がどんどんやめていく高齢の方がいるそれを継ぐ人がなかなか出てこないという中で1年遅れれば1年やめた園地がそのまま放棄地になるということがあるので是非ご理解いただきたい」

 県では2026年度の設計開始を目指しています。