YTS NEWS

News

県議会デジタル化へ タブレット導入でペーパーレス

タブレット端末の導入など県議会のデジタル化を推進する委員会が、2025年9月の本格運用に向けた検討結果を報告しました。

 県議会のデジタル化推進会議では、タブレットの導入によるペーパーレス化や職員の事務負担の軽減を目指し、試験的な運用を行っています。
 今年度は、全議員にタブレット端末が貸し出され、各委員会などで紙と併用する形で運用が行われたほか、モニターを使った質疑などが行われました。
 3月5日は森田広議長に今年度の検討結果が報告されました。
 議員の端末操作への慣れが課題で、来年度も試験運用を続け2025年9月議会からの本格導入を目指すということです。

【県議会デジタル化推進会議 渋間佳寿美座長】
「能動的に使えるようになって情報を活かして議員活動、県政発展に結び付けていくことが重要」