YTS NEWS

News

霞城公園で梅が咲き進む

 3月5日は二十四節気のひとつ「啓蟄」寒さが緩み春の訪れを感じるころです。
 山形市内はまだ冬景色ですが小さな春を感じられるスポットもありました。

 訪れたのは山形市の霞城公園です。
「園内にはまだ雪が残り空気もひんやりとしていますがこちらでは梅が咲き進んでいるんです。目で見て、ほっこりとした春を感じることができます」
 
 山形市郷土館のすぐそばにある「梅の園」
 例年の開花時期は3月10日頃ですが暖冬となった今年は3週間以上早く2月13日に開花が確認されました。

 その後冷え込みが戻り今、ゆっくりと咲き進んでいます。まもなく迎える見頃を前に5日はボランティアによる剪定作業も行われていました。

「今年はとても早くて剪定するのがもったいない」
「揃って出てくるときはきれいなんですよね。紅白の幕のような感じがする。来る人にはきれいだなと言ってもらえるのが一番幸せ」

 二十四節気のひとつ「啓蟄」は春の陽気で冬ごもりをしていた虫たちが土の中から出てくる頃とされています。
 5日の山形市の最高気温は4.4度と冬らしい冷え込みとなりましたが霞城公園では春を感じられる景色も広がっていました。
 園内の梅は3月中旬にも見頃を迎えそうです。