YTS NEWS

News

鶴岡公園で「松の胴巻き」取り外し

 3月5日は冬ごもりしていた虫が土からはい出る頃とされる二十四節気の一つ「啓蟄」です。
 鶴岡公園では、害虫駆除のため冬の間松の幹に巻いていた胴巻きを取り外す作業が行われました。
「松の胴巻き」は、暖かい場所を好む害虫を冬の間、ムシロに誘い込み、雪解けの時期に取り外したムシロごと焼却する駆除方法です。毎年、二十四節気の一つ「啓蟄」に合わせて行われています。
 5日は作業員がアカマツやクロマツなど84本の幹に巻かれたムシロを手際よく取り外していました。
 
【鶴岡市都市計画課 後藤勝志公園緑地専門員】
「これから花見のシーズンにもなりますので鶴岡公園の環境を整えて安全に皆さんがお越しいただけるよう整備したい」

 鶴岡公園ではこのあと植木の雪囲いも取り外される予定で、今度は春の花見に向けた準備が進められます。