YTS NEWS

News

京都から運ばれたひな人形100点展示

 江戸時代、最上川舟運で栄えた山形県大石田町で、京都などから運ばれたひな人形を集めた展示会が開かれています。

 展示会では京都などから舟で運ばれた江戸時代後期から大正時代のひな人形およそ100点が紹介されています。
 こちらは江戸時代後期に作られた「享保雛」。40センチを超える大型のひな人形で、口角を上げて微笑む表情が印象的です。
 こちらは江戸時代末期の「古今雛」です。目にガラスが使われているのが特徴で、着物には華やかな刺繍が施されています。
 このほか町にあるもので最も古い「元禄雛」や明治から大正時代に関西で流行した「雛御殿」なども展示されています。

【大石田町立歴史民俗資料館 大谷俊継学芸員】
「衣装の華やかさであったり、表情の豊かさは一つの見どころだと思います。大石田ならではの華やかできらびやかなお雛様がたくさん揃っていますので、ぜひ皆さんにご覧いただきたいと思います。」

 この展示会は4月3日まで開かれています。