YTS NEWS

News

「川の駅最上峡くさなぎ」戸沢村特産品で新メニュー

 海外からも増えている最上川の舟下りに来た観光客向けに、山形県戸沢村の特産品を盛り込んだ新メニューが完成しました。

 自然あふれる光景や船頭の舟唄を楽しむ「最上川舟下り」。
 国内はもちろん海外からの観光客も増えていて、2月のインバウンド客は2023年の同じ時期と比べ2倍以上に。
 ほとんどが台湾からだとといいます。きょうも台湾から100人の観光客が訪れていました。
 そこで、舟下りの終着点「川の駅最上峡くさなぎ」で提供が始まるのが「戸澤料理 膳 幻想の森」です。
 県産食材をふんだんに使いながら季節に合わせた料理を展望デッキで味わいます。中でも、目を引くのが地元産「戸澤豚・一番育ち」を使った陶板焼きです。

「いただきます。柔らかい!最上川を眺めながらのおいしい料理。最高です。」

「豚肉、鶏肉、羊肉を台湾のお客さんは好んで食べる海外のお客さんもそうですしもちろん日本のお客さんもゴールデンウィークなどもあるので戸沢村に立ち寄っていただいて食事してほしい」
 この御膳は3月9日から提供されます。