YTS NEWS

News

屋根に潜む害虫を駆除する「いぶり出し」

 山形県鶴岡市にある多層民家で囲炉裏から出る煙で屋根に潜む害虫を駆除する「いぶり出し」の作業が行われています。

 「いぶり出し」は鶴岡市の致道博物館の中にある国指定重要文化財の多層民家「旧渋谷家」で年明けから行われています。
 この日は、博物館から委託された2人の女性が囲炉裏を囲み、竹や杉の枝を燃やして室内に煙を充満させていました。
 こうした煙や「すす」は、かやぶきの屋根に潜む害虫を駆除したり、柱や梁を結んでいる縄を腐りにくくし長持ちさせたりする効果があるとされています。

「眼にしみたり大変。保護のために頑張れる」
「大切な建物なので火の後始末を一番気を付けている」
 
 いぶり出しは木曜と日曜の週2回行われていて3月上旬まで続きます。