YTS NEWS

News

道の駅「やまがた蔵王」50万人目は東根市の家族

 2023年12月にオープンした山形市の道の駅「やまがた蔵王」が、オープンから3カ月で早くも来館者50万人を達成しました。

 記念すべき来館者50万人目となったのは、2月27日が結婚14年目の記念日という東根市の押野隼人さん家族。道の駅内の4店舗の商品や記念品などが贈られました。

【妻・千春さん】
「話題にもなっているし来てみようかと思ったら50万人目ですごいびっくりしました」
【押野隼人さん】
「そんなに大きすぎず小さすぎずこのスペースで落ち着ける雰囲気が魅力」

 道の駅「やまがた蔵王」では、2023年12月のオープン以降1日平均5800人、休日の多いときにはおよそ1万5000人が訪れ、想定より1カ月ほど早く50万人を達成しました。
 インバウンドや県外の観光客はもちろん、近隣市町村など県内から訪れる人が多いということです。
 また、物産展や地域のイベントなどを行う「樹氷ホール」は、土日、祝日の予約が12月までほぼ埋まるなど、来館者100万人に向けて更なる賑わいも期待されます。

【道の駅やまがた蔵王 青木哲志駅長】
「6月のサクランボお盆、シルバーウィーク年末年始に大型の物産展を企画している。東北、全国からもお客さんをお迎えしたい」