YTS NEWS

News

桃の節句を彩る ひな菓子

 桃の節句を前に、鶴岡市ではひな菓子作りが行われています。

 ひな菓子は子どもの健やかな成長を願う縁起物です。ひし餅やあられなどが一般的ですが、庄内地方では白あんに餅を加えて練った「練りきり」にして魚や果物など本物そっくりにかたどり、ひな人形と共に飾ります。鶴岡市内の菓子店では2月15日に製造が始まりました。菓子職人が趣向を凝らしたマスやタケノコなどのひな菓子はどれも見た目が可愛いらしく彩り鮮やかです。

【木村屋 吉野隆一社長】
「お子様の健やかな成長を祝い食べておいしい見て美しいようなひな菓子を目指して作っている。春近しという思いがこの時期わいてくる」

 ひな菓子作りは3月1日まで続きます。