YTS NEWS

News

「何コレ!?」と思える物を集めたユニークな展示会

 一見何に使うのか分からない物を集めたユニークな展示会が山形県鶴岡市で開かれています。

 鶴岡市の致道博物館では、近年の寄贈品の中から奇抜な形や意表を突く表現など「何コレ!?」と思える物をピックアップ。
 現代では思いつかない用途のモノや昔のモノの面白さ、奥深さを紹介しています。
 
 こちらの商品、何に使うかというと…酒を温めるためのトックリです。容器の下の部分がとがっていて、囲炉裏の灰にさし込んで酒を温めます。
 また、雪国ならではの物も。こちらは俵靴です。雪を踏んで道をつくるために履くワラ製の靴です。手で縄紐を持ちながら歩いて使うということです。このほか脱穀したモミに混じったごみを取り除く「ユスリ」などの農具も紹介されています。
この「新収蔵品展何コレ!?」は、3月11日まで鶴岡市の致道博物館で開かれています。