YTS NEWS

News

「ラーメンの日」市内のラーメン店で様々なサービス

 2年連続でラーメン消費額日本一となった山形市、2月8日は市が独自に定めた「ラーメンの日」です。

 この日を初めて迎えた市内のラーメン店では様々なサービスが行われ、多くの人で賑わいました。

「初めての山形市ラーメンの日を迎えました!こちらの店ではオープンからまだ10分ほどですが、すでに満席状態です」

【山形市から】
「(Qきょうはなぜこちらの店に?)ラーメンの日というのを見て…」
【山形市から】
「きょうはラーメンの日なので友達と食べにこようかなと思って」

 山形市では、2023年総務省の家計調査で2年ぶりに1世帯あたりの中華そば消費額が日本一となったことを受け、「ラーメンの聖地、山形市」を宣言。
 市では宣言した2月8日を「ラーメンの日」とすることを2023年12月に定めました。

「きょうはラーメンの日になっています。サービスになっています。どうぞお待たせしました」

 こちらのラーメン店では、ラーメンの日に合わせ煮たまごと海苔、こま切れチャーシューを無料で追加トッピングするサービスを行いました。

「いただきます!麺がもちもちでコシがあっておいしい!トッピングもたっぷりで山形市ラーメンの日最高です!」

 いつも以上のにぎわいぶりに店側は…。

「いつも忙しいけれどきょうは特別並んでいましたね最初から。忙しいとね…いいんですけども、いいんですけども…私たちの体もちょっと、なんて感じもありますよね」
「それが本音ですね」
「はい、本音です(笑)」

 県民からはラーメン愛が溢れます。

【山形市から】
「(Qラーメンを食べる頻度は?)週3とか。これからずっと(消費額)日本一獲り続けてほしい」

【天童市から】
「いろいろトッピングもいただけて、とてもおいしい」
【山形市から】
「(具増しなので)けっこう楽しみで来た。(Qあなたにとって山形のラーメンとは?)地元の味がするというか食べていて一番おいしいと思う」

【ケンチャンラーメン山形 阿部勝重さん】
「『ラーメンの日』なんて制定している行政はたぶんほかに無いと思うのでこれが全国に広まれば観光客の方もまた増えて山形が賑わえばいいなと思っている」

 山形市では現在ラーメン店を巡るスタンプラリーが行われていて、週末にはラーメン店のキッチンカーが並ぶマルシェも開かれます。