YTS NEWS

News

着物や洋服の仕立てに使用した針に感謝 針供養

 着物や洋服の仕立てに使用した針に感謝する針供養が山形市で行われました。

 山形市の「竹田和裁研究所」では、仕立てに使った縫い針に感謝しようと毎年2月8日に「針供養」を行っています。
 今年は、和裁士や系列の専門学校の学生らが出席。
 使い終わった針を柔らかい豆腐に刺して供養する「針休め」を行いました。
 こちらの学生は自ら縫い上げた和服で出席しました。

【山形V.カレッジ1年 林若菜さん】
「今着ている着物も学校で仕立てたものなので、着物の歴史を未来にも繋いでいけたらと思う」

 和裁士は若者にも裁縫の魅力を伝えたいと話します。
【竹田和裁研究所 和裁士 内山知子さん】
「一針一針ていねいに仕立てるのを若い人にも一緒にでき上がる感動を伝えていきたい」

 きょう供養された針は、後日供養塔に納められます。