YTS NEWS

News

JR酒田駅で不審者への対応を学ぶ訓練

 JR酒田駅で不審者への対応を学ぶ訓練が行われました。

 警察とJRの合同訓練は列車内や駅構内での傷害事件が全国で相次いだことを踏まえ行われました。

 電車内で酒に酔った男が興奮状態となり刃物を持ちながら暴れているという想定で、駅員が乗客の避難させ警察に通報するまでの流れを確認。
 また、相手の動きを抑えるため「さすまた」を使って対応しました。

【JR東日本新潟支社 吉田晋介庄内統括センター副所長】
「毎年行っている訓練だが今回は電車を使用し警察の協力を得ながらの訓練だったのでより効果が高いものになった。引き続き行っていきたい」

 酒田警察署は「刃物を持った犯人への向き合い方乗務員同士の連携など、うまく実践できていた」と評価していました。