YTS NEWS

News

鶴岡の小学校で「寒ダラ汁」の食文化を学ぶ学習会

 鶴岡市の小学校では庄内を代表する冬の味覚「寒ダラ」の食文化について学ぶ学習会が開かれました。
 学習会の後には熱々の「寒ダラ汁」を味わいました。

 鶴岡市の湯野浜小学校で開かれた地域の「食」学習会。講師は地元の温泉旅館の料理人が務め、6年生19人を前に2月5日鼠ヶ関港で水揚げされたばかりのオスの「寒ダラ」を手際良くさばいていきました。

「白子いっぱい入ってますよ。おいしいですよ。天ぷらにしたり白子ポン酢にしたり」
 子どもたちは取り出された白子に興味津々の様子。このあと出来立ての「寒ダラ汁」を給食で味わいました。

「白子食べてみておいしかった」
「血を見るのは苦手だったけど僕たちがいつも食べているものだからすごく貴重な体験だった。見れてうれしかった。命を大切に食べたい」

 冬の郷土料理として庄内地域で愛されている「寒ダラ汁」。子どもたちは余すことなく堪能していました。