YTS NEWS

News

県内は冬型の気圧配置 置賜では今後も大雪に警戒

 山形県内は強い冬型の気圧配置の影響で大雪となっています。
置賜では今後も大雪に警戒が必要です。

「午前9時の山形市内です。昨晩の雪の影響で山形市内にも雪が積もりました。道路の雪は圧雪されていて車の運転には注意が必要です。」

 西高東低の気圧配置によりこの冬一番の寒気が流れ込んだ影響で24日から25日にかけて県内各地で雪が降りました。
 各地の積雪は午前10時現在で、肘折で120cm、大井沢で109cm、米沢市で39cm、山形市で20cmなどとなっています。

「きょうの朝も午前5時半起きで家の前やってきたので、雪かきには慣れているが、このように降られるとめげます・・・。」

 山形地方気象台は、置賜で大雪警報を出していて、夕方まで降雪による交通障害に警戒をするよう呼び掛けています。