YTS NEWS

News

天童市で妻を殺害、懲役10年の判決確定へ 最高裁

 2019年に天童市で妻を殺害したとして懲役10年の実刑判決を受けていた男について、最高裁判所は上告を棄却しました。

 判決によりますと天童市の無職佐藤茂被告(72)は2019年8月、自宅で同居する妻・典子さん(当時63)をナイフで切りつけ、殺害。
 1審で山形地裁は「首などの急所を中心に多数の傷を負わせて殺害したことは被告人の強い殺意が現れた悪質なもの」などと指摘し、検察側の求刑8年を上回る「懲役10年」の実刑判決を言い渡しました。
 佐藤被告は、これを不服として控訴。また、仙台高裁が1審判決を支持したため上告していましたが、最高裁判所は、1月19日付で上告を棄却しました。
 これにより検察側の求刑より2年重い懲役10年の判決が確定する見込みです。