YTS NEWS

News

無病息災を願う 火の上を素足で歩く「火渡り」

 山形県米沢市の笹野観音堂では恒例の「火渡り」の荒行が行われました。

 毎年1月17日に行われる「笹野観音十七堂祭」は1200年以上続く伝統行事で、1年の無病息災を願う火渡りが行われます。
 多くの参拝客たちが見守る中まず山伏たちは杉の木で組まれた護摩壇に火をつけます。
 そしてその残り火の上を素足で歩きました。

 その後、一般の参拝客85人も挑戦しました。
【米沢市内から】
「怖かったけど訳が分からないまま無我夢中だった。でも最初に一歩が怖い」
【米沢市内から】
「(子供と一緒に参加してどんなこと思いながら?)1年健康に過ごせるようにという思いで2人で渡りました。」